Loading...

代表取締役社長 木戸岡 稔

TOP MESSAGE代表挨拶

世界中の人を
「あっ」と言わせるゲームを

代表取締役 木戸岡 稔
ゲーム業界の発展と共に、
アークシステムワークスは独自の進化を続けてきた

アークシステムワークスは“Action” “Revolution” “Challenge”の、3つの言葉を信念に、1988年の設立以来一貫してゲーム開発を手がけています。
設立当時はマンションの一室をオフィスとして大手ゲームメーカーのお手伝いをしながら、
少しずつ経験やノウハウを積み重ね1995年に初の自社タイトル「EXECTOR」を発売し、自社パブリッシュ事業と受託開発事業を行い現在に至ります。

ゲーム業界はファミリーコンピューターの登場以降、時代の変化と共に凄まじい速さで技術革新を起こし、また大きく発展を遂げてきました。
その中でアークシステムワークスは、ほぼ全てのプラットフォーム、地域に向けてゲーム開発に取り組み、1998年に発売した「GUILTY GEAR」や、
2008年に稼働を開始した「BLAZBLUE」に代表される、「対戦格闘ゲーム」というジャンルにおいて、世界のトップメーカーと並ぶ地位を確立するまでに成長しました。

代表取締役社長 木戸岡 稔
次の30年を見据えて、名実ともにトップバッターを目指す

設立から30年を迎えた今、アークシステムワークスでは今日までに培ってきた技術を活かし、次の10年、20年、30年に向けて新たな挑戦を始めています。
対戦格闘ゲームでは今後、様々な企業との協業、最新技術を用いた新たな表現の追及等、知恵と工夫を武器に、名実ともに業界のトップを目指します。
その他のジャンルでも、「くにおくん」「ダブルドラゴン」「探偵神宮寺三郎」シリーズに代表される著名タイトルの活用や、
これまでのゲームの開発で培われた、美しくてスピード感溢れる、
まさに「遊べるアニメ」のような作品を提供出来るよう開発を進めています。

アークシステムワークスは決して大きな会社ではありませんが、
これからも様々な事に挑戦していきます。
そのためには、年齢、学歴、性別、国籍に関係なく、豊かで新しい発想力を持ち、ゲーム作りやゲームに係る仕事にガッツと愛を持って取り組める人材が必要です。
是非、わたしたちと一緒にこの世界で挑戦してみませんか?
世界中の人を「あっ」と言わせるゲームを作りましょう!

トップへ