2019.09.05

絶望と解放のローグライクRPG「MISTOVER」 メインビジュアル、新しい紹介動画、世界背景、ゲームシステム続報の公開 第3弾Twitterキャンペーン開始

アークシステムワークス株式会社は、絶望と解放のローグライクRPG「MISTOVER」(2019年10月10日発売)の新しい紹介動画、世界背景、ゲームシステムの追加情報を公開しました。

また、本日より第3弾Twitterキャンペーンを開始しました。

 

本日公開のメインビジュアル

 

新しい紹介動画公開!

紹介動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=PhtdD6f2dyg&feature=youtu.be

「MISTOVER」の世界背景

 

大陸の辺境にある小さな王国アルタ。 そして隣には、世界を滅ぼした巨大な竜巻『絶望の柱』があった……

数年前、突然濃い霧があたりを覆い始め、中から幻獣と呼ばれる巨大な生命体が現れた。 濃い霧は大地を浸食し、幻獣は地上の全てのものを破壊した。 衰退しつつあった大陸の多くの国は崩壊し、多くの人が息絶えた。 全ての希望が失われ、人々が諦めかけたその時、突然全てが止まった。 濃い霧が浸食を止め、幻獣が竜巻の中に帰っていったのだ。

危険が再び訪れると考えた人々は、原因は霧を作り出した竜巻の中にあると判断し、その中へ入って原因を探ることにした。 やがて調査団が結成され、竜巻は別次元の世界につながっている通路だということが判明する。 そして調査団は、詳細な調査のためより多くの隊員を募集するようになり、人々は富や名誉など各々の意志を抱いてアルタへ集まり始めた。

●用語解説 「災いの霧」
「災いの霧」は、視界を遮る濃い霧で、「絶望の柱」に充満しています。
これは単なる霧とは異なり、調査隊の体や精神だけでなく、さまざまなものをじっくりと汚染していってしまいます。
ただし、過去の調査の結果、人の血を養分とする「光花」であれば、この邪悪な霧を部分的に晴らすことができることが判明しています。

 

クエスト受託とストーリー進行

 

「絶望の柱」調査の指針となる「クエスト」は、公爵家の「執務室」で受けることができます。
「絶望の柱」の謎に迫るストーリー以外にも「サブクエスト」も多数存在します。
「クエスト」をクリアすることで報酬が貰えるため、条件を満たしたら「執務室」に戻ることを忘れずにしましょう

 

「ハインリッヒ」と「ステラ」
謎多き新任の公爵ハインリッヒ
(CV 土田玲央)(左)と、彼を補佐する、公爵家に長く仕える
家の出であるステラ(CV 赤崎千夏)(右)

 

雇用システム

  

調査隊のメンバーは、「調査本部」で雇う事ができます。
レベルの高い人材は、支払う報酬も高額になりますが、探索の最中に死んでしまったメンバーは二度と生き返りません。
隊員を大切にしつつ、計画的に雇用を行いましょう。

「マルク」
王国の調査団を取りまとめている歴戦の長、
マルク(CV 祐仙勇)若き日は騎士団長を努めていた国の勇士。

 

本日より、第3弾Twitterキャンペーン開始!

フォロー&RT で「MISTOVER」オリジナルQUOカード&「ナナセ特製」WebMoneyカードのセットが 抽選で5名様に当たる「Twitter キャンペーン」が本日よりスタートしました。
詳細は、ツイート内容をご確認ください。

キャンペーンページ:https://twitter.com/MISTOVER_JP/status/1169429944922980354

今週人気の記事