月別: 2017年5月

2017.05.11

  • イベント・キャンペーン
  • パッケージタイトル

ニンテンドー3DS「キューブクリエイターDX」ステージビルダーコンテスト開催!

 

好評発売中のニンテンドー3DS用クリエイティブアクションアドベンチャーゲーム『キューブクリエイターDX』にて、ステージビルダーモードを使用したコンテストを開催致します!!

コンテストにご応募いただいた作品は、開発スタッフが厳正な審査をもって10作品を入賞作品として発表!
上位10位までのステージにつきましては、コンテスト結果発表用の特設ページにて審査員コメントを付けて発表させて頂きます。


更にスペシャルな特典としてその中から上位3ステージを使って、人気YouTuberミラクルぐっちさんが実況プレイを行います!
人気YouTuberに自分の作ったステージで実況動画を作ってもらえる、今回限りのチャンスを逃さないようにしましょう!
本コンテストの応募方法は「みんなの広場」に投稿した自分のステージの情報や意気込みを、下記の応募フォームで申し込むだけ。
「キュークリ」ファンのみなさんは、ぜひ奮ってご参加ください!

 

「キューブクリエイターDX」ステージビルダーコンテスト概要
応募方法 下記の、ステージビルダーコンテスト応募フォームに必要事項を入力し、ご応募ください。

https://business.form-mailer.jp/fms/f782355070100

※コンテストの応募は終了致しました。たくさんのご応募ありがとうございました。結果発表は6月中旬頃を予定しております。

応募期間 2017年5月11日(木)〜2017年5月18日(木)深夜24時まで

※応募期間は終了致しました。

応募規約 「キューブクリエイターDX ステージコンテスト(以下、本コンテスト)」にご応募いただく前に必ずお読みください。

作品の応募をもって、本コンテストの応募規約に同意したものとみなします。


・応募作品はインターネットに接続して「みんなの広場」にアップロードしたステージビルダーモードの「ステージ」が対象となります。
・応募作品は応募者自身が制作したものに限ります。他者の作ったステージを使った場合、入賞発表後でも失格となります。また、今後アークシステムワークスが主催するコンテストへの参加権も喪失します。
・応募作品のテーマとして、著作権問題が発生するテーマはご遠慮下さい。万が一著作権等に関する問題が発生した場合は、全て応募者の責任とします。
・氏名や応募作品情報は、アークシステムワークスWEBサイト/SNS/番組などで掲載及び、使用する可能性があります。
・応募作品をアークシステムワークスにて使用する際は、画像処理・トリミング等行う場合があります。
・応募後の辞退はできません。
・応募作品のうち応募内容に沿わないもの、公序良俗に反するものが応募された場合、審査対象外とします。
・応募規約に違反した場合は、入賞決定後でも入賞を取り消します。
・募集で得た個人情報は本コンテストに関するもののみに使用します。

審査 「キューブクリエイターDX」開発チームが審査員となり、応募作品の中から上位10ステージを選出します。

その中の上位3ステージにつきましては、人気YouTuberミラクルぐっちさんによる実況プレイ動画にて使用される予定です。

入賞作品の発表は6月中旬頃に審査員によるコメントと合わせて、公式サイトにて発表いたします。

尚、入賞者には応募時のメールアドレス宛に当選通知と本人確認の連絡を行います。当選通知のメールへ期限までにお返事がない場合、予告なく入賞を取り消す可能性がございます。予めご了承ください。

 

■『キューブクリエイターDX』とは?


本作は、37万DL以上の大人気作『キューブクリエイター3D』から新規要素を大幅に追加して
パッケージとして豪華に生まれ変わったサンドボックス型のクリエイティブアクションアドベンチャーゲームです。
果てしなく広がるポップでキュートな『キューブの世界』へ飛び出そう!

http://www.arcsystemworks.jp/cubecreatordx/

 

2017.05.10

  • GUILTY GEAR

家庭用「GUILTY GEAR Xrd REV 2」体験会追加開催決定!(大阪)

5月20日(土)ジョーシン ディスクピア日本橋店にて
家庭用「GUILTY GEAR Xrd REV 2」の体験会を開催決定!

体験会では本作からの新キャラクターである「梅喧」と「アンサー」を使用できる
フリー対戦での試遊をお楽しみいただけます。

また、こちらの体験会ではギルティギアシリーズのゼネラルディレクターである石渡太輔のサイン会も予定しております。

本作をプレイされた方に先着で「アンサー」「梅喧」「ディズィー」のオリジナル缶バッジのプレゼントもございますので、
ぜひこの機会に家庭用「GUILTY GEAR Xrd REV 2」を体感してみてはいかがでしょうか?

 

<概要>

開催日:2017年5月20日(土)
会場:ジョーシン ディスクピア日本橋店 テレビゲーム館1F
住所:大阪府大阪市浪速区日本橋5-9-5
体験会開催時間:13:00~17:00
サイン会開催時間(予定):15:00~17:00

※時間は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※13時より整理券を配布し、整理券番号順にご案内致します。
※缶バッジは数に限りがございます。予めご了承ください。
※試遊台機種は、「PlayStation®4」となります。

<サイン会 概要>

「ジョーシン店舗」及び「ジョーシンウェブ」にて「GUILTY GEAR Xrd REV 2」のソフトをご予約頂き、予約証明となるものを当日会場にお持ちください。
13:00より先着順で整理券(上限50枚)をお渡し致します。

※サイン色紙は、ソフト発売後店頭にて購入時にお渡し致します。また、サインは弊社にて用意する描き下ろし複製色紙へのみ行います。
※パッケージ版PlayStation®4「GUILTY GEAR Xrd REV 2」が対象となります。
※サイン会の参加は、ソフトを複数ご購入頂いた場合でも、お1 人様1 回限りとさせて頂きます。

家庭用「GUILTY GEAR Xrd REV 2」体験会(神奈川)情報

詳細はこちら

▼家庭用「GUILTY GEAR Xrd REV 2」公式サイト
http://www.ggxrd.com/rev/cs2/

2017.05.10

  • GUILTY GEAR

「GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- ストーリーモード上映会」開催!

「GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- ストーリーモード上映会」を2017年5月12日(金)、ユナイテッド・シネマ豊洲にて開催致します。
本イベントは劇場上映用に編集した「GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-」のストーリーモードをご鑑賞いただけるほか、本作のゼネラルディレクター石渡太輔を始めとした開発スタッフによるトークショーなど豪華な内容となっております。

 


GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- ストーリーモード上映会概要

日時

2017年5月12日(金)
22:00   受付・物販開始
23:00   開場
23:30   開演
翌5:30  終演予定
※ストーリーを「前半」「後半」に分けており、間に20分程度の休憩時間を設けさせていただきます。

場所

ユナイテッド・シネマ豊洲

内容

・GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-」ストーリーモードの上映
・トークショー

来場特典

オリジナルパンフレット

チケット

料金:¥3,780(税込)
販売開始:4月15日(土)10:00~

チケットぴあ【Pコード】555-927
http://w.pia.jp/t/ggxrd/
※販売ページの公開は4月14日(金)18:00となっております。
※18歳未満の方はご入場いただけません。予めご了承ください。
先行販売は終了致しました。ありがとうございました。

当日券発売決定!
こちらは当日会場での販売となります。
料金:¥4,000(税込)
販売日時:2017年5月12日(金)22:00~
※枚数には限りがございますので、売切れの場合には何卒ご了承ください。

ステージ登壇者

ゼネラルディレクター石渡太輔、他本作開発スタッフ
※登壇者は変更となる可能性もございます。予めご了承ください。

諸注意

・ららぽーと内の飲食売店は22:00にて閉店致しますので、飲食物の持ち込みは可能と致します。ただし、他のお客様にご迷惑となる食べ物についてはご遠慮ください。
・ららぽーと内の喫煙所は22:00にて閉鎖致しますので喫煙される方はららぽーと外の所定の場所にてお願い致します。

物販商品ラインナップ


GUILTY GEAR Xrd REV 2 複製額入りイラスト(シリアルNO入り)
価格:¥10,000(税込)
サイズ:額縁 W355×H440×D20(mm)/イラスト W200×H290(mm)



GUILTY GEAR オリジナルフォトフレーム&ブロマイド5枚セット
価格:¥2,500(税込)
サイズ:フォトフレーム W185×H150(mm)/フォト W127×H89(mm)



SDキャラアクリルキーホルダー(全7種)
・ソル=バッドガイ
・カイ=キスク
・ラムレザル
・シン=キスク
・エルフェルト
・ジャック・オー
・ディズィー

価格:各¥500(税込)
サイズ:50mm×50mm角内

・グッズの販売時間は22:00~0:00となっております。
・「SDキャラアクリルキーホルダー」のご購入は1キャラクターにつき1個までとなります。
・チケットをお持ちでないお客様も物販の購入は可能となります。
・「GUILTY GEAR Xrd REV 2 複製額入りイラスト」は限定数のみ会場でお渡し致します。上限を超えた場合は後日発送にて対応させていただきますので予めご了承ください。(6月上旬予定)
・イベント終了後の物販は実施致しませんのでご注意ください。

「GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-」公式サイト
http://www.ggxrd.com/rev/cs/

シリーズ最新作「GUILTY GEAR Xrd REV 2」公式サイト
http://www.ggxrd.com/rev/cs2

2017.05.10

【チャリティ2017】義援金のご報告とお礼

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。
アークシステムワークス株式会社、義援金総額のご報告とお礼を申し上げます。

2017 年3 月のアークシステムワークス売上金の一部と、
「HOPE T シャツ」及び「HOPE トートバッグ」の売上金全額を加え、
総額が「1,000,000 円」となりましたことを、ご報告させて頂きます。

この度は皆様からの多大なるご協力を賜りまして、厚く御礼申し上げます。

義援金につきましては東日本大震災関連と熊本・九州地震の支援の為に、
下記の関連機関を通じて寄付をさせて頂きました。

 

 

【義援金の分配先の詳細】

①日本赤十字社東日本大震災義援金500,000 円
②日本赤十字社平成28 年熊本地震災害義援金500,000 円

合計金額 1,000,000 円

 

アークシステムワークスは今後もチャリティグッズの販売を続け、
HOPE、「希望」の名のもとに、皆様が1 日でも早く、1 人でも多くの方々に元通りの生活が戻るように、
様々な形で支援活動を行って参ります。

今後ともご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

アークシステムワークス株式会社

2017.05.02

アークシステムワークス最古のゲームソフト『EXECTOR(エグゼクター)』開発者コメント&ゲーム紹介

アークシステムワークス最古のゲームソフト「エグゼクター」が、
22年の時を経てゲームアーカイブスで帰ってくる!

 

【EXECTOR(エグゼクター)とは?】

1995年にPlayStation®で発売された、アークシステムワークス株式会社(以下、アーク)最古のゲームソフト。
PSアーカイブスにて本日(2017年5月2日)から配信されます。

3Dアクションシューティングゲーム『EXECTOR(エグゼクター)』、その内容とは?

 

PSアーカイブスURL:https://store.playstation.com/#!/ja-jp/cid=JP0036-NPJJ00762_00-0000000000000001

対応機種:PSP/PSvita/PS3

ジャンル:3Dアクションシューティング

価格:617円(税込)

CERO:B

配信開始日:2017年5月2日(火)

 

【開発者コメント】

約22年前のソフトということもあり、『EXECTOR』スタッフロールを確認してみると、
デザイナーとしてあの石渡太輔氏の名前を発見!

ということで、「ギルティギア」シリーズの生みの親でもある石渡氏にお話を伺いました!

 


Q①        スタッフロールにはなんと石渡さんのお名前が記載されていますが
デザイナーとして製作に携わっていたのでしょうか?

 

A①        実は僕は、ゲーム制作の方に直接関わってはいません。
ホームページ用の人物キャラクター(本編では使用されない!)を描いたのと、
デバッグを少しお手伝いしただけです。
なのでパッケージにデザイナーとしてクレジットされていた時は、「何故?」と思いつつも
単純に喜んだ記憶があります。

 


Q②        当時はどのくらいの規模で、スタッフは何人ぐらいいましたか?
また、当時と今の開発と比べて違う点はありますか?

 

A②        外からプロジェクトを見ていた限りなので正確なことはわかりませんが、
社内のスタッフは10人に満たなかったと記憶しています。
開発のスタイルは今も昔も大差ないと思います。
皆好きなことを一所懸命にやるだけです。
しかしゲームの中身も、技術的な部分も、未開拓な部分が多かった時代です。
開発スタッフは皆ギラギラした眼で気力に溢れていました。

 


Q③        EXECTOR発売から約22年ですが、当時の出来事で印象深いものがあれば教えてください。

 

A③        当時はまだ3Dのモデリングツールが国内では潤沢ではありませんでした。
マニュアルは英語のものしか無く、まずはその翻訳から始めなければいけなかったんです。
四苦八苦しながらも先輩方が使い方を解読していく姿は、当時の僕にとって
「大人って凄いなぁ」と心強く見えたものです。

 


 

残念ながら、石渡氏はゲーム本編の開発には携わっていなかった……。
しかし、少人数精鋭で制作された本作は、“一所懸命”なスタッフたちの熱意があふれているはず!
そんな『EXECTOR』のゲーム内容を、ちょっとだけ紹介していきます!

 

【ストーリー】

主人公は消息を絶った無人探査機捜索のため、
惑星TUBOYの辺境宙域で回収したブラックボックスから驚くべき事実を知る。
惑星TUBOYは殺戮ロボットにより自滅。
そして地球の存在を知った殺戮ロボットたちが深海で巨大な宇宙戦艦を建造している…。
最新鋭全域汎用スペースパワードトレーサー“EXECTOR”に、全人類の未来と希望が託された。
 

【ゲーム内容紹介】

迷宮と化した惑星内部は全部で5ステージ。各ステージの最終ゾーンにはボスが待ち構えています。
パワーアップカートリッジや回復アイテムを取得しながら、敵とリアルタイムシューティングで戦っていく。
迷宮を進んでいくためのIDカードを探しだし、閉ざされたドアを突破していきます。

▲「STAIRWAY TO HEAVEN」……「天国への階段」という意味らしい…。
各ステージまずはかっこいいカットシーンからスタート。

▲クォータービューでは、見下ろし視点でマップのどこに敵がいるかわかりやすい。
マップは左上に表示できる。

▲コクピット視点ではFPSのように敵と立ち向かえる。

▲また、コクピット視点でしか見られない細かいギミックも存在!
この三つ頭を一定時間じーっと見ていると……?

 

コクピットとクォータービューの2つの視点からプレイできる本作は、
当時からするとかなりハイレベルなゲームだったのかもしれません……?
PlayStation®版そのままの内容で617円という大変お手頃価格なので、
この機会にぜひプレイしてみてください!