STORY STORY

A.D. 2221年

内戦の終結から30年後……ネオ国際連合のたゆまぬ努力により、
人類社会はようやく統一を成し遂げ、
繁栄の時代がもたらされた。

イメージ画像

ネオ国連はさらに、100ケ年にわたって
開発計画を進めていた
天然ワームホールWM-01によって、地球と火星をつなぐ星間航路を
完成させる。
これにより、人類社会における大半の資源問題が解決するはずだった。
しかし、戦後の復興にともなう特需は
火星植民地に多大な重圧を与え、
そこには新たな反乱の火種が
燻りはじめる。

イメージ画像

反乱の予兆を察知したネオ国連は、
速やかにその指揮下にある軍事組織<U.N.F>の駐屯部隊を火星に派遣、
また多くの政策を実施することにより事態の沈静化を図る。
しかし、時すでに遅し。
いくつかの組織による援助のもと、
失業者、社会脱落者、過激分子や
傭兵たちが、非合法な武装グループを形成し、強大化しつつあった。
彼らは火星の植民地や
荒野の影に潜み、その牙を剥くときを
待ち続けていた……。