インフォメーション

まさしく夢の一夜。

【2011.01.27 Thursday】
皆さん、こんにちは。
このブログでご挨拶するのは初めてとなるかと思います、石渡太輔です。
弊社にてディレクターや作曲など、なんやかんや適当に色々な仕事しております。

今回の話題は勿論、先日の1月22日に開催された
「GUILTY GEAR×BLAZBLUE MUSIC LIVE 2011」を終えて、僕個人の雑感と
簡単な舞台裏を、とりとめもなくご報告という内容です。
ステージ模様は情報サイトなどで確認できると思うのであえて省きますが、
一言に大成功のライブだったと思います。

よし、万歳!
スタッフの皆さん、演者の皆さんの並々ならぬ努力を経て、
無事にイベントを終了できたことに、まずは感謝です。
ステージは準備期間の短さを感じさせない完成度で、バンドサウンド+αの構成を
見事なクオリティで実現してくれました。
そしてヘッドフォンやスピーカーでは味わえない空気感は
やはりライブならではの醍醐味ですね。

とりわけ僕の記憶に残ったのは『Awakening The Chaos』のコーラスを、
驚愕の声量で歌い上げてくださった北澤幸さん。

ko.jpg

弊社の同僚が「あれ、口から声出てるんですか?頭から突き抜けてるんと
ちがいますか?」と、開いた顎がふさがらない様子でした。
手前味噌ながら僕も、その迫力に会場で涙腺が崩落。

北澤さんは声楽家であって、普段このようなバンドステージで仕事をされた
ことはなかったようですが、練習時からキャラ作りや世界観の理解、
ファンの求めているもの等を熱心に研究されており、ライブ終了後も
「お客様が暖かかった、私もリベンジさせてください!」
と言ってくださいました。こちらこそ、今後ともよろしくお願いします!

キーボディストのYUHKIさん(日本屈指のメタルバンド、GALNERYUS や
ALHAMBRAで活躍されています)も、「ゲーム音楽とそのファンも、
自分たちの世界に共通するものを感じました!」とライブを大いに
楽しんでいただけたようです。

key.jpg

余談ですが、僕がバンドメンバーの素性を知ったのはステージリハの
段階でした。そこでYUHKIさんのプロフィールを知った時の僕の狼狽ぶりを
皆さんに見せたかった。「ガ…、GALNERYUS…だと?」。
即座に僕は胸元から携帯を取り出し、あるメモを見せました。
その内容は僕が近々購入を予定しているCDのリストです。
そこにはGALNERYUSの名が!結果、YUHKIさん本人からアルバム
(しかもマイCD!)をその場で頂いてしまうハプニング!
ありがとうございました!幸せだ…。

そして兎に角カワいいヴァイオリンの越川さん、
vio.jpg

笑顔が素敵なドラムのKEN☆KEN、
KENKEN_IMG_5849.jpg

ステージの空気をMETAL化してくださったバッキングのRYO、
ryo.jpg

二人そろってクールにテクニカルフレーズをこなしてくれた、
ギターの梶原さんと坪川さん。
kaji.jpg tsubukawa.jpg

この超絶メンバーを召還するために奔走してくださった、
ベーシスト兼バンドリーダーのあっちゃんと、スタージャムの鈴木さん。
bass.jpg

みんなこのライブを通じて、再びお客様と合える機会を熱望されてました。

反省点も課題も多々あります。しかしお客様の暖かい反応をうけ、
ステージ後に演者さんから「またやりたい」という言葉を頂いた時、
このライブの可能性に期待せざるを得ませんでした。

まさしく夢の一夜。

もしもお客様の中で「また来たい」、あるいは「次は行きたい」
と言う方がいれば、是非その声を我々に届けてください。
実現の可否はさておき、新たなるステージの火付けになることは
間違いないでしょう。

そして関係者各位、また何よりもお客様。
このライブは、ひとえに皆様の支えにより実現しました。
社交辞令に見えるかも知れませんが、マジです。
この場をかりて心から感謝の電波を送りたいと思います。

「届け!」

みんな、本当にありがとう!!!

このページの一番上へ